ホームへ戻る

SEELA's Photo

close.jpg

誠に勝手ながら・・・。

こんなもん掲載できるなら、ちゃんとやれってね^^
すみませ~ん。
なんか、不定期になってしまったことで、違うな~って感じていました。
もっとシンプルがいいな~って。


次回は、新たな気持ちで始めたいと思います!
しばしお待ちを・・・。


あ、その間こちらの「fotologue」をお楽しみください!!! fotologue-SEELA

娘

待望の娘よ!

5月31日16:20 ついに子供が産まれた!長かった・・・。
陣痛から12時間という長い出産になった。嫁さんに感謝!ありがとう。
難産で、急遽総合病院に移るなど色々あったけど、昨日3200gの女の子が誕生した。


立ち会い分娩を希望していたが、総合病院に移ったことで、この病院では許可が下りなかった。
そのため、ハラハラしながらナースステーションの前を行ったり来たり・・・。
嫁さんのおかんと、古くからの友人のゆーちゃんと3人で話をしていると、グギャアアアア!!!という鳴き声が分娩室の方から聞こた!「おおおおおぉぉ!産まれた!!?」・・・語尾が大人の声っぽいぞ?っと、それは嫁さんが裂ける痛みの声だった・・・。ゆーちゃんと「痛い!痛い!」と言っていると、その後すぐに「おぎゃ~おぎゃ~」と元気なうぶ声が聞こえてきた。「おおお!今度こそ産まれたら!」「すげ~ドラマみたい・・・」。
その後は声にならなかった。
笑顔を作るのがやっとで、しゃべったら泣いちゃいそうだったのでとにかくうなずいていた。
ついに!おれもパパだ!


その後の処置に時間がかかり、娘と対面したのは、産まれてから2時間くらい後だった。
誰似??ん~僕自体に特長がないから、わからないけど、少なくとも目は二重だったから安心した。
初めて自分の子供を抱いた時に感じたことは「重さ」だった。体重の重さではなくて、これからの人生の重さを初めて知った瞬間だった。
これから、この子の為に頑張っていこう!って色々考えた。


この子を必死に産んでくれた嫁さん。
支えになってくれた家族みんな、友達。
最後まで付き合ってくれたゆーちゃん!


ありがとう!

Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D

ページトップへもどる
©2007 SEELA

SEELAbig-AKCsircus

mascottPAPA U-Geeザヤナイ

Six ApartMovable Type

dollgantee